自然のキャンバスを持つ住まい

自然のキャンバスを持つ住まい
2階に水平にパノラマ状に広がる窓を持つ住まいです。家族の日常を癒し、彩り、四季折々の表情を見せる常に変化するキャンバスは、春には赤や白の梅の花が横長の窓いっぱいに広がり、夏の濃い緑は強い日差しをさえぎり室内に涼を運びます。秋には色付く木の葉が、室内の左官の壁まで鮮やかに染め上げ、冬、葉を落とした木々に積もる雪に当たる光と影が墨絵のような世界を作ります。移り行く季節と共に豊かに暮らす自然の大スクリーンを持つ住まいです。