陽の入り方で、季節と時間を感じる

陽の入り方で、季節と時間を感じる
「光がいっぱい入る大きな窓がほしい......」家づくりのときに誰もが一度は考える事です。しかし、単に南側に大きな窓をつけただけでは、夏は温室と化し、冬 は逆に断熱効果が減少するため心地よい住環境は得られません。敷地やその周辺の状況や、年中一度たりとも同じ位置にはいない太陽を、どうやって採り込んだ り、遮ったりするか......それが設計の重要なポイントになってきます。夏はしっかりと庇で日射を遮り、逆に南中高度の低い冬至のころに、家の一番奥まで光が 差し込む家......単に心地よい環境が得られるだけでなく、季節や時間を楽しく感じることのできる家、そんな家のつくりかたが重要です。