コンクリート打放しが大好きな施主へこだわりのコンクリートを

コンクリート打放しが大好きな施主へこだわりのコンクリートを コンクリート打放しが大好きな施主へこだわりのコンクリートを
外壁では、ツルッとしたコンクリートの、きれいで硬質な打放し面を造っているのに対して、玄関ドアを入ったこのホールの壁は、杉の小幅板を型枠として使うことで、コンクリートの表面に、杉の木目と板の目地にできるでこぼこを転写しています。トップライとからの光による陰影とともに、コンクリートのザックリ感と優しさが表現できていると思います。
そのザックリ感に負けないように、土間は耐火煉瓦、階段の取付き部には、35ミリもの厚い杉板を使っています。素材感を大切にする施主へ、こだわりの玄関ホールとしています。