• TOP >
  • 住空間の専門家 >
  • 鮫島均

先人の知恵を今風にアレンジして、「空気もインテリア」を実現する

鮫島均
私が育った家は、藁ぶき屋根の木造住宅で、冬はとても寒くて何でこんなに寒いんだろうと思っていました。ところが、隣りの家に蔵があり、その蔵に入ると、夏は涼しくて冬は暖かかった。とても不思議だと子供心に思っていました。それは、今思えば湿度コントロールしていたからなのです。この蔵で遊んでいたことが、今の珪藻土の仕事につながったのかもしれません。
日本の住宅は、戦後の高度成長期において、ビニールクロスやベニヤ等の新建材が出てきて、見た目のきれいさと価格を優先させて、シックハウスになる家をどんどん建ててきました。最近は基準による制限が厳しくなりましたが、充分ではありません。それは、対処療法だからです。これは西洋医学の考え方と同じです。悪い箇所を取り除けばいい、また悪くなったら、それにまた対処すればいいという考えだから、どんどん悪くなっていきかねません。
これに対して、東洋医学は、悪の基を正すことを考えて治します。その考え方から、昔の家に戻ろうという動きが出てきました。 自然素材を使った家づくりです。ただ、昔のように寒かったら嫌だから、しっかり断熱をして、天井や壁を珪藻土にして呼吸させる。すると、とても快適な空間になります。
たとえば、エアコンも対処療法ですよね。しかし、冬暖かくて、夏涼しい住空間があれば、エアコンは要らない。そんな空間をつくれば、エコになります。でも我慢してのエコではありません。
基礎体力がしっかりしている住宅は、長持ちするし、エネルギーをそれ程使わなくてもいい住宅になります。そんな住宅空間を作りたくて、自然素材をつくり提供する仕事をしています。
先人の知恵を今風にアレンジして提案していくのが、今の自分の使命だと思っています。
『空気もインテリア』をテーマに、環境に優しい素材の組み合わせによって、普通に生活をしていても、エコな環境になり経済的にもエコになる提案をしています。

鮫島均 鮫島均 自然素材のつくり手

株式会社EMMAX代表取締役社長。1957年、川崎市生まれ。日本大学経済学部卒業。
1980年、鮫島石油㈱(現㈱サメジマコーポレーション)に入社。その後、シリックス事業部長として、珪藻土の研究開発と販売を担当。
2003年、より総合的に、環境負荷の小さい素材を扱うことを志して独立し、㈱EMMAX設立。


「鮫島均」さんが関わっている商品・サービス
スーパーメルシー スーパーメルシー 最高級品質の珪藻土壁材。湿度コントロールをして結露を防ぎ、カビやダニの発生を抑え、家具等から出されるVOC等を吸着して、室内の空気をきれいにします。 (EMMAX)
メルシーライト メルシーライト 高い機能を持ちながらも価格がリーズナブルな珪藻土です。高機能珪藻土を60%配合し、珪藻土の機能を表わす吸放湿量が200g/㎡以上。広範囲でお使いいただけます。(EMMAX)
コージーウッド コージーウッド 癒しの調湿効果を持つ、桐の床材。桐は、冬はあたたかく、夏はべとつきがないので、さらっと感じとても気持良い床材です。 (EMMAX)
建築家 大島健二 滝澤俊之 筒井紀博 足立幸寿 広沢けい+佐々ゆうこ 岡田彩子 佐野契 栗原守 磯部邦夫 澤野眞一 近藤弘文 大川直治 荒木毅 久間常生 宮原輝夫 湯山シゲユキ 紫冨田啓一 伊坂道子 磯村一司 金桝 義久 高野保光 堀内雪with犀 デザイナー 山本康生 コンサルタント 工務店 家具・雑貨のつくり手 澤野桂吾 Rin*Tsubaki テコリクラフト 素材・設備のつくり手 鮫島均 芥川友慈