• TOP >
  • 住空間の専門家 >
  • 宮原輝夫

「感性」という価値判断を大切に

宮原輝夫
「心地よい」や「さわやか」、「美味しい」という感覚、情緒的で心動かされる体験をすることが有ると思います。様々な要素が複雑に絡み合い、ある一瞬の煌めきのようにこの感覚が訪れるのだと思いますが、私達はこの「感性」という価値判断を大切に住宅の設計をしています。もしかすると、私達の設計した建築は、決して一般的や常識的でないかもしれません。でも、そこに住まう人々はそれぞれ皆特別な存在なのですから、住宅や建築もまた特別で良いと、私達はそう思っています。皆さんも勇気を持って自分自身の感覚を信じてみませんか?

宮原輝夫 宮原輝夫 建築家

1966年東京生まれ。1990年-1998年、竹中工務店に勤務後、1999年に宮原建築設計室を設立。群馬大学工学部にて非常勤講師も務める。受賞歴に第1回、第2回、第3回 World Architecture Community Awards 受賞, 第9回あたたかな住空間デザイン・コンペティション優秀賞、第19回住まいのリフォームコンクール総合部門最優秀賞など。


宮原輝夫

壁を透明にすれば室内も中庭も2倍広くなる

一面の壁を透明にすれば
景色が室内に飛び込んでくる

階段を透明に近づければ
室内がぐんと広くなる

浴室をオープンにすれば
室内と中庭がつながる

床の高さを変えて
家族の気配を感じたい

屋上に出れば、自分だけの世界が広がる

建築家 大島健二 滝澤俊之 筒井紀博 足立幸寿 広沢けい+佐々ゆうこ 岡田彩子 佐野契 栗原守 磯部邦夫 澤野眞一 近藤弘文 大川直治 荒木毅 久間常生 宮原輝夫 湯山シゲユキ 紫冨田啓一 伊坂道子 磯村一司 金桝 義久 高野保光 堀内雪with犀 デザイナー 山本康生 コンサルタント 工務店 家具・雑貨のつくり手 澤野桂吾 Rin*Tsubaki テコリクラフト 素材・設備のつくり手 鮫島均 芥川友慈