• TOP >
  • 住空間の専門家 >
  • 紫冨田啓一

内から外へ、庭につながる住まい

紫冨田啓一
 家づくりでは、とかく外観がどうか、外壁の素材は、室内の床材は.....と形や素材に対して外から目が行きがちですが(もちろん全て大切な事なのですが)、 実際に暮らし始めると、窓越しに見える緑に、ホッと気持が和む等、内から外への視線の大切さを教えられます。
 設計では、スケッチを描きながら、視線の流れをチェックしていきます。
 年々、庭への興味が増しています。最近では、中国蘇州の古典庭園など、日本の庭園との比較も楽しみの一つです。 建物(内)と庭(外)が不可分の関係にあるような(自分が庭に佇んでいるような)、四季折々、季節感のある住まいが理想です。

(メイン写真)富士山と肩を並べる大屋根の住まい。
(建築コーディネート:OZONE家づくりサポート)


紫冨田啓一 紫冨田啓一 

1953年 大阪生まれ
1976年 東京造形大学デザイン学科 室内建築専攻 卒業
(有)山下和正建築研究所・設計室オリゾンを経て
1987年 (有)リニアデザイン建築事務所 設立
住宅や歯科医院の設計の他、プロダクトデザイン・グラフィックデザインも手掛ける。


紫冨田啓一

暖かな日差しが入る
ゆったりとした玄関

LDKから庭へと
視線が奥に伸びてゆく

吹抜けを介して
各室が繋がっている

大谷石の古材を庭の
石組に利用している

内と外をつなぐ
大屋根のかかるテラス

夕暮れには、床埋込の
LED照明が浮び上る。

建築家 大島健二 滝澤俊之 筒井紀博 足立幸寿 広沢けい+佐々ゆうこ 岡田彩子 佐野契 栗原守 磯部邦夫 澤野眞一 近藤弘文 大川直治 荒木毅 久間常生 宮原輝夫 湯山シゲユキ 紫冨田啓一 伊坂道子 磯村一司 金桝 義久 高野保光 堀内雪with犀 デザイナー 山本康生 コンサルタント 工務店 家具・雑貨のつくり手 澤野桂吾 Rin*Tsubaki テコリクラフト 素材・設備のつくり手 鮫島均 芥川友慈