• TOP >
  •  >
  • メッセージ

メッセージ 

かつて、人は誰も、自分の家を自分で建てていた。
それが今では、新築やリフォームのすべてを専門家に任せられるようになり、とても便利になった。

しかし、それによって失われたものもある。
自分らしく工夫する楽しさ、自然の恵みや恐ろしさを体感すること、そして、生きるための空間を自分でつくるという醍醐味・・・・

都市生活のあわただしい日々のなかでも、もう少しだけ家づくりに主体的に取り組もうとしさえすれば、こういう貴重な体験をできるはず。

家づくりにあたってほとんどの人がしがちなように、大切な判断のあらかたを、建築家・工務店・ハウスメーカーなどに任せてしまえば、その時は楽(らく)かもしれない。でも、きっとあとで悔いることになります。なぜなら、人は、家づくりの過程において家を知り、家が完成したあとには、自然と知識もふえていて、そこではじめて人に判断を委ねてしまったことの過ちに気付くからです。

心から満足できる家を手にするためには、プランを考える最初の段階から、自分自身の「想い」を込めて家づくりを進めることが大切です。はじめは「想い」は、あいまいかもしれません。しかし、自分が共感できる「想い」を持っている家づくりの専門家、それも特定の人でなく、なるべく多くの人と出会うこと により、「想い」は、だんだん確かなものになっていきます。家具や建具のつくり手、素材の供給者、コンサルタント、後方の開発者、住宅の設計者、などなど。
本当にいい家に住みたいという「想い」を強く持ちさえすれば、自然と心を重ねられる専門家と多く出会えるようになれます。ひとつのテーマに固執せずに、いろいろな切り口から共感できる人を探しましょう。「想い」を共有できる専門家の数が増えれば増えるほど、自分の「想い」は、現実に向かって、しっかり成長していきます。

自分自身の「想い」を込めた住まいづくりとは、決してすべてを自分でやることではありません。住まいづくりの専門家たちとの心と心のつながりを大切 にして、「想い」を共有できる多くの人の力を結集して家を建てることこそが、現代の都市生活における家づくりの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

本サイトは、そういう住まいづくりの醍醐味を味わうことを支援するため、本当の自分が住みたい家を求める住み手の「想い」と、本物を提供したいとい うつくり手の「想い」が出会う場を提供していきます。

川島天晴
「家づくりステーション」メッセージ