• TOP >
  • 家づくりサポート >
  • 建築家との家づくりサポート

建築家との家づくりサポート

建築家とつくる家

自分のライフスタイルにあった家、土地の特性を生かした家を建てたいなら、建主の要望を形にすることが得意な、建築家に設計を頼むのが、いちばんです。

コラム:自分らしい家づくりへのこだわり


サポート業務のあらまし

フォルツァの家づくりサポートは、家づくりの最初の計画段階から家の完成まで、建主を支援します。フォルツァは、設計事務所でも、工事会社でもなく、純粋な第三者機関として、終始一貫、建主の立場に立って業務を遂行します。自分スタイルの家づくりをするには欠かせない存在と言えるでしょう。建築家に設計を依頼して自分中心で家づくりを進めたい人を総合的にバックアップします。具体的には、次のようなことをします。

家づくり相談
1.家づくり相談
本当に新築するのがいいのか、ということも含めて、家づくりに関するさまざまな相談に対応します。
住まいのイメージづくり
2.住まいのイメージづくり
住宅の実例や建築家プロフィールなど、多彩な資料を提供します。
建築家との面談やコンペの実施
3.建築家との面談やコンペの実施
建築家候補を選定し、最終決定に必要な、設計プラン提案などをセッティングします。
契約書等のチェック
4.契約書等のチェック
設計や工事の契約について内容を確認し、納得したうえで締結できるようにします。
設計やインテリアのアシスト
5.設計やインテリアのアシスト
設計内容についてのセカンドオピニオン見解を提示し、また、必要に応じてインテリアのコーディネートもします。
工事中のサポート
6.工事中のサポート
職人さんたちのモチベーションを高める顔合わせ会を開催し、また、ミスを防ぐための工事検査をします。
建物の引き渡しの確認
7.建物の引き渡しの確認
工事の完成、引き渡しまで見届けて、アフターメンテナンスの確認までします。
8.万一のトラブル発生時の調整
万一、建築家や工務店とのトラブルが発生したら、建主側に立って調整します。

サポート業務内容

自分のライフスタイルや土地の個性にあった家を納得のいく形でつくるには、建築家とともに家をつくる方法が、いちばんです。しかし、建築家との家づくりは、白紙の状態から自由な発想で設計を進めていくので、思いがけない問題が発生しがちです。その不安をなくして満足できる家を完成させるべく、本コースでは、4つの段階ごとのサポートプログラムを用意しています。

1.家づくり計画サポート

はじめに、あなたの家づくり計画を、明確な形にしてまとめるようにします。

  1. 家づくりの全体計画の整理
    あなたのご家族のライフスタイルや価値観を整理して、設計のための資料をつくりあげます。そのなかで、本当に建築家でいいのかの検証もします。(「生活シーンのイメージスケッチ」を活用)
  2. 建主自身による理想の住まいのプランづくり
    あなたのイメージを形にするための参考資料を提供し、自分なりの方法と表現で、自分が住みたい家の全体像を明らかにできるようにします。
  3. 家づくりの各ステップにおける注意ポイントの指摘
    「家づくりリスクアセスメントチェック表」を活用)

2.建築家選定サポート

総合的に見てあなたにもっともふさわしい建築家を選定できるようにします。

  1. 候補建築家の選定と面談
    フォルツァが認定している建築家を中心に、すべての建築家を視野に入れて、あなたにふさわしい候補者をピックアップします。あなたが気に入った候補建築家と、順次、面談していただきます。
  2. 土地に関する調査
    設計するための、敷地測量や地盤のデータが不充分な場合には、調査を行います。
  3. 建築家による設計プラン提案
    最終的に依頼する建築家を決める方法として、次のいずれかの方法をとっていただきます。
    1. a.面談(およびアイディアスケッチ)のうえで、人柄や作風の相性に基づいてひとりの建築家に候補を絞ったうえで、設計プランを提案してもらい、納得できたら最終決定する。
    2. b.複数の候補建築家(3名程度)に、設計プラン作成のうえプレゼンテーションしてもらい、設計内容を含めて総合的な判断で、依頼する建築家を決定する。

3.設計段階サポート

建築家との設計を、スムーズに、かつ不安なく進められるようにします。

  1. 建主のリスクを減らすための書式の提供
    (「設計・監理業務委託契約書」「業務完了確認書」など)
  2. 設計に際してのアドバイスと情報提供
    基本設計の主要な打合せに同席し、設計内容についての見解を提示すると同時に、設計以外の面でのさまざまなサポートを行います。建主が設計図を理解できているかの確認も行います。
  3. インテリアコーディネート
    (必要に応じて)

4.工事段階サポート

適切な工事会社を選定し、そして、工事において重大なミスが発生しないようにします。

  1. 工事会社選定の支援
    設計図面が完成したら、あなたにふさわしい複数の工務店を候補として、見積金額や現場見学などを通じて、最終的に依頼する工務店を決定できるようにします。工務店の経営審査や現場監督体制のチェックなども行います。
  2. 建主のリスクを減らすための書式の提供と諸基準の提示
    (「工事請負契約書」「工事内容等変更確認書」「現場写真の撮影記録基準」など)
  3. 工事内容自主検査のサポート
    工事費支払時(工事中2回)および建物引渡し時における工事進捗状況の確認、ならびに、工事会社から提出させる現場写真の随時チェックを行います。

業務と報酬のスタンス

建築家に家の設計を依頼する場合、工務店とのトラブルがあった時には、建築家が味方になってくれるので安心です。しかし、建築家とのトラブルが発生した場合には、建主は、守られません。
本サポートにおいては、フォルツァが、設計・工事についてセカンドオピニンとしての見解を提示すると同時に、もしなんらかの問題が発生した場合には、必ず建主の側に立って、問題の解決を図ります。また、建築家が対応しない家づくりの諸問題(融資や仮住まいなど)についても、適切に対応していきます。

フォルツァは、建築家や工務店に対して純粋に独立した立場で建主をサポートすることを担保するために、家づくサポートに関わる費用は、設計料や工事代金とは全く切り離された形で、すべて建主自身に負担していただきます。当然のことながら、建築家や工務店の選定サービスにありがちな、業者側からの顧客紹介謝礼などの金銭の支払いは、いかなる名目でも、一切受けません。
サポート業務の契約の時期については、建築家に頼むことが本当にいいのかということも含めて建主の立場に立ってアドバイスをするためには、建築家の選定以前に正式に業務を委託していただくことが必要です。そのために、具体的なサポート業務に入る前の段階で契約し、利用料の支払いを約束していただきます。

フォルツァ家づくりステーションを活用すると、一般的な家づくりの方法に比べて、設計・工事におけるリスク対策が図れるのみならず、あくまで建主の立場に立って、設計・工事費用抑制の工夫と折衝を図るので、結果的に家づくり全体支出額が低く抑えられることになります。


利用料について

1. 家づくり計画整理サポート
52,500円
家を建てるための土地を探している段階の方も、ご利用いただけます。
2. 建築家選定サポート
105,000円+<プラン提案料>および<敷地調査費>
<プラン提案料>:建築家の職種の性格上、あるレベル以上の力量と実績のある建築家は、無償ではプランを提案しません。そのため、建築家に設計プラン提案を依頼するのに際して、所定の提案料(原則として一人5万円)を負担していただきます。
<敷地調査費>:設計プラン提案を依頼するにあたり、敷地現況測量および地盤調査を必要とする場合には、標準的な土地で約9万円の実費が必要になります。
3. 設計段階サポート
設計・監理契約予定金額の10%相当額
(ただし、設計・監理委託契約予定金額が210万円以下の場合は、210,000円
設計については、建築家と直接に、設計・監理委託契約を締結することになりますが、建築家には、本サポートにより業務負荷が減ることに鑑みて、設計・監理料を相当額減額してもらいます。
*インテリアコーディネートを必要とする場合には、別途料金をいただきます。(標準で105,000円
4. 工事段階サポート
工事請負契約予定金額の1%相当額
(ただし、工事契約予定金額が2100万円以下の場合は、 210,000円
*工事については、工務店と直接に、工事請負契約を締結することとなりますが、工務店には、本サポートにより業務負荷が減ることに鑑みて、設計・監理料を相当額減額してもらいます。

*本コースは、計画から完成まで一貫してサポートすることを前提としていますが、建主の方の何らかの事情により、4つの段階ごとにそれ以降のサポートを取り止めることもできます。

*上記すべての段階において、構造、法律など特別な分野の専門家を必要とする場合、あるいは想定を超える業務を求められた場合には、あらかじめ見積書を提示したうえで、追加料金をいただくことがあります。

*お支払方法は、各段階ごとに、下記の時点とします。

  1. 家づくり計画サポート:「家づくり計画書」作成時
  2. 建築家選定サポート:建築家へのプラン提案依頼開始時
  3. 設計段階サポート:見積用図面の作成完了時
  4. 工事段階サポート:建物の引き渡し時

万一、建主の都合により途中解約される場合は、原則として、その時点でその段階までの金額をお支払いいただきます。


建築家との家づくりの特徴と注意点

建築家は、素晴らしい設計のプロフェッショナル

ハウスメーカーの設計は、いわば工事を受注するための営業行為であるのに対して、建築家は設計自体を仕事としているので、専門家としての力量を存分に発揮した設計プランをつくってもらえます。
建築家に設計を頼む方法は、ハウスメーカーや工務店に設計を依頼するのに比べて、次の点が優れています。

  1. あらゆるプランの可能性を検討できる
    建築家は、敷地の条件の中で考えうるあらゆるプランの可能性を探求して、一切の制約なしに、さまざまなプランを提案してくれます
  2. 工事見積金額の比較が可能
    建築家が設計する場合、設計図面完了後に、複数の工務店から見積りを提出してもらうことになるので、見積金額を明快に比較検討することできます
  3. 工事を施工会社と別の立場でチェックする
    工事は、建築家とは別に、直接、工務店と契約を結ぶことになるので、工事内容に関して、建築家が建て主の立場で監理してくれます。

建築家の落とし穴。 こんな建築家にご注意を!

しかし、建築家に頼みさえすればもう大丈夫、ということではありません。建築家に設計を頼むにあたっては、下記のようなことにならないように、注意しましょう。

  1. 建築家にも、得意不得意がある
    いちがいに住宅設計と言っても、工法、価格帯、テイストなど、さまざまであり、建築家もそれぞれに得意不得意があります。自分の希望する家と合わない建築家に頼むと、うまくいきません。
  2. 建主の要望より、建築家自身の考えを優先させることがある
    建築家はそれぞれ、住宅はこうあると良いという理念をもっています。しかし、それがすべて絶対的な正解というわけではではありません。建て主と理念が合わないと、建築家の考えを押し付けられることになってしまいます。
  3. 微妙なセンスがあわないことがある
    建築家選定にあたっては、当然自分と合いそうな人を選ぶでしょうが、設計プランや外観のセンスと、インテリアの細かいセンスは別物で、それが合わなくて、建築家との意見調整に難儀する場合もあります。
  4. 人気建築家はスタッフまかせになりやすい
    忙しい建築家だと、設計契約後に、建主との打ち合わせを、スタッフまかせにしてしまう人もいたりします。
  5. せっかく設計図が完成したのに予算オーバーでやり直しなんてことも
    設計完了後に、工務店が見積もってはじめて、大幅に予算オーバーの設計だったと判明することがあります
  6. 建築家が工事のすべてをチェックするのは無理
    建築家の監理は、設計図面通りの施工かをチェックすることが主なので、欠陥がないか隈なくチェックするわけではありません。

建築家との家づくりのリスクをなくすために・・・

建築家に設計を頼むことのメリットを生かしつつ、落とし穴で失敗しないようにするためには、次のことが必要です。

  1. 建築家を選ぶにあたっては、デザイン力や人柄だけでなく、総合的に自分との相性をふまえて判断する。
  2. 建築家の仕事の進め方や考え方を、事前によく確認したうえで、設計契約する。
  3. 建築家のペースになってしまわないように、もう一人別に、家づくり全般のアドバイザーを確保する これらを自分でやることは、かなり難しいので、ちょっと無理だと思う方は、「家づくりサポート機関」を利用するのがいいでしょう。
家づくりサポート 「家づくりサポート」とは 土地の選定サポート&購入仲介 建築家との家づくりサポート ハウスビルダーとの家づくりサポート 賃貸住宅事業コンサルティング 住宅メーカーの建主検査サポート