• TOP >
  • 家づくりサポート >
  • ハウスビルダーとの家づくりサポート

ハウスビルダーとの家づくりサポート

ビルダーとつくる家
住宅メーカーや工務店に設計・施工を一括発注して家づくりを進めたい人を、総合的にバックアップします。


サポート業務のあらまし

フォルツァの家づくりサポートは、家づくりの最初の計画段階から家の完成まで、建主を支援します。フォルツァは、設計事務所でも、工事会社でもなく、純粋な第三者機関として、終始一貫、建て主の立場に立って業務を遂行します。自分スタイルの家づくりをするには欠かせない存在と言えるでしょう。具体的には、次のようなことをします。

サポート業務内容

家づくりに充分な時間を取りにくい方が、段取り良く、効率的に進めるには、住宅メーカーや工務店など、設計・施工を一括で受注する会社に頼むのは、いい方法です。しかし、住宅メーカーや工務店との家づくりは、すべてを特定の企業に委託することになるので、家づくりが、企業のペースで進められてしまいがちです。まして、設計・施工に問題が発生したり、企業担当者との間に意識の齟齬が生じたりした場合には、建て主は、著しく不利な立場に立たされてしまいます。その不安をなくして満足できる家を完成させるべく、本コースでは、4つの段階ごとのサポートプログラムを用意しています。

1.家づくり計画サポート

はじめに、あなたの家づくり計画を、明確な形にしてまとめるようにします。

  1. 家づくりの全体計画の整理
    あなたのご家族のライフスタイルや価値観を整理して、設計のための資料をつくりあげます。そのなかで、本当に建築家でいいのかの検証もします。(「生活シーンのイメージスケッチ」を活用)
  2. 建て主自身による理想の住まいのプランづくり
    あなたのイメージを形にするための参考資料を提供し、自分なりの方法と表現で、自分が住みたい家の全体像を明らかにできるようにします。
  3. 家づくりの各ステップにおける注意ポイントの指摘
    (「家づくりリスクアセスメントチェック表」を活用)

2.ハウスビルダー選定サポート

総合的に見てあなたにもっともふさわしい工務店やハウスメーカーを選定できるようにします。

  1. 候補企業の選定と面談
    フォルツァがあらかじめ審査した企業に限らず、それ以外のすべてのハウスメーカーや工務店を視野に入れて、あなたにふさわしい候補者をピックアップします。あなたが気になる候補企業と、順次、面談していただきます。
  2. 土地に関する調査
    設計するための、敷地測量や地盤のデータが不充分な場合には、調査を行います。
  3. ハウスビルダーによる設計プラン提案
    最終的に依頼する企業を決める方法として、複数の候補企業(3~4社程度)に、設計プランと見積書を作成のうえプレゼンテーションしてもらい、総合的な判断で、依頼する企業を決定していただきます。必要に応じて、再提案してもらうこともあります。
  4. 工事会社の最終決定のための情報提供
    工務店の経営審査や現場監督体制のチェックなども行います。

3.設計段階サポート

ハウスビルダーとの設計を、スムーズに、かつ不安なく進められるようにします。

  1. 建主のリスクを減らすための書式フォームの提供(「設計業務委託契約書」など)
  2. 設計に際してのアドバイスと情報提供
    基本設計の主要な打合せに同席し、設計内容についての見解を提示すると同時に、設計以外の面でのさまざまなサポートを行います。建主が設計図を理解できているかの確認も行います。
  3. インテリアコーディネート(必要に応じて)

4.工事段階サポート

適切な工事会社を選定し、そして、工事において重大なミスが発生しないようにします。

  1. 建て主のリスクを減らすための書式の提供と諸基準の提示
    (「工事請負契約書」「工事内容等変更確認書」「現場写真の撮影記録基準」など)
  2. 工事中の建主検査の立ち会いまたは代行(工事中3回を標準とする。)
    建主による工事現場の自主検査に、専門家が立ち会うという形で、検査業務を行います。 建主の方が検査に同席することが望ましいですが、事情によりお任せいただいても大丈夫です。
  3. タイムリーな工事内容の検査
    工事会社から現場写真をタイムリーに提出してもらい、随時チェックを行います。 (「住宅メーカーの建て主検査サポート」参照)
  4. 建主による工事完了確認検査の立ち会い

業務と報酬のスタンス

住宅メーカーや工務店は、大切な家づくりのパートナーです。しかし、工務店に重大なミスが発生したり、工務店との間にトラブルが発生した場合には、建て主は、守られません。 本サポートにおいては、フォルツァが、設計・工事についてセカンドオピニンとしての見解を提示すると同時に、もしなんらかの問題が発生した場合には、必ず建主の側に立って、問題の解決を図ります。

サポート業務の契約の時期については、住宅メーカーあるいは工務店に頼むことが本当にいいのかということも含めて建て主の立場に立ってアドバイスをするためには、ビルダーの選定以前に正式に業務を委託していただくことが必要です。そのために、具体的なサポート業務に入る前の段階で契約し、利用料の支払いを約束していただきます。

フォルツァ家づくりステーションを活用すると、一般的な家づくりの方法に比べて、設計・工事におけるリスク対策が図れるのみならず、あくまで建て主の立場に立って、設計・工事費用抑制の工夫と折衝を図るので、結果的に家づくり全体支出額が低く抑えられることになります。


利用料について

1.家づくり計画整理サポート
52,500円
家を建てるための土地を探している段階の方も、ご利用いただけます。
2.ハウスビルダーサポート
105,000円+<敷地調査費>
<敷地調査費> :設計プラン提案を依頼するにあたり、敷地現況測量および地盤調査を必要とする場合には、標準的な土地で約9万円の実費が必要になります。
3.設計段階サポート
*設計工事請負契約予定金額の1%相当額。
 (ただし、設計工事契約予定金額が2625万円以下の場合は、 262,500円
*設計工事については、ビルダーと直接に、設計工事契約を締結することになりますが、ビルダーには、本サポートにより業務負荷が減ることに鑑みて、設計・監理料を相当額減額してもらいます。
*インテリアコーディネートを必要とする場合には、別途料金をいただきます。(標準で126,000円
4.工事段階サポート
*設計工事請負契約金額の1%相当額。
 (ただし、設計工事契約予定金額が2625万円以下の場合は、 262,500円
*設計工事については、ビルダーと直接に、設計工事契約を締結することになりますが、ビルダーには、本サポートにより業務負荷が減ることに鑑みて、工事費を相当額減額してもらいます。
*「顔合わせ会」のための費用は別途とします。
*工事中頻繁に検査員にチェックしてもらうことを望まれる場合には、別途料金となります。

注記

*本コースは、計画から完成まで一貫してサポートすることを前提としていますが、建主の方の何らかの事情により、4つの段階ごとにそれ以降のサポートを取り止めることもできます。

*上記すべての段階において、構造、法律など特別な分野の専門家を必要とする場合、あるいは想定を超える業務を求められた場合には、あらかじめ見積書を提示したうえで、追加料金をいただくことがあります。

*お支払方法は、各段階ごとに、下記の時点とします。

  1. 家づくり計画整理サポートサポート:「家づくり計画書」作成時
  2. ハウスビルダー選定サポート:ビルダーへのプラン提案依頼開始時
  3. 設計段階サポート:実施用図面の作成完了時
  4. 工事段階サポート:建物の引き渡し時

*万一、建主の都合により各段階の途中解約される場合は、原則として、その時点で全額をお支払いいただきます。

家づくりサポート 「家づくりサポート」とは 土地の選定サポート&購入仲介 建築家との家づくりサポート ハウスビルダーとの家づくりサポート 賃貸住宅事業コンサルティング 住宅メーカーの建主検査サポート