• TOP >
  • 家づくりサポート >
  • 賃貸住宅事業コンサルティング

賃貸住宅事業コンサルティング

建主も住みたい賃貸住宅
ちょっと前までは、「賃貸住宅だから居住性が悪いのは仕方がない」というのが常識でした。しかし、都市生活がますます豊かになるにつれ、「賃貸住宅だって快適に暮らしたい」という声がどんどん大きくなっています。

サポート業務内容

「賃貸だって自分らしく暮らしたい」という賃借人のニーズに応えるには、建主が、自分自身も住んでみたいと思うような賃貸住宅を建てることが、大切です。建主が思いを込めてつくった賃貸住宅こそが、結局は、都市生活者の多様な価値観に対応する、長い期間にわたって賃借人の支持を得て、本当に資産価値のある賃貸住宅になるのです。そういう賃貸住宅づくりをサポートするプログラムです。

  1. 賃貸住宅の基本計画サポート
    建主の想いを生かしつつ、事業収益性の高い土地活用をするための計画づくりをします。
    (「計画地の活用可能性の整理資料」「建築プランのバリエーション検討資料」「事業の収益性に関するマーケティング資料」「事業収支シミュレーション」など)
  2. 賃貸住宅の実施計画サポート
    上記の深化を図ると同時に、設計を委託する建築家の選定を進めます。建築家の選定については、「Ⅰ.建築家との家づくりサポート」に準じます。
  3. 設計段階サポート
  4. 工事段階サポート
    「Ⅰ.建築家との家づくりサポート」に準じる業務に加えて、設計プランのマーケティング的検証、金融機関の選定支援などを行います。
  5. 賃借人の募集
    賃貸住宅における賃借人募集も、必要に応じてお受けします。その場合の募集方法はオープンな形にして、地元の不動産屋さんとも提携をいたします。

業務と報酬のスタンス

人口が減少し始めている時代にあって、賃貸住宅事業には、リスクが伴います。不動産会社が薦める一括借り上げ方式などは、結局は、収益を減じるだけで、最終的なリスクを負ってくれません。 建主自身が賃貸事業のリスクをしっかり認識して、的確な決断をしていくことこそが、最高のリスク回避策なのです。フォルツアは、建主直属のアドバイザーとして、納得のいく決断をしながら賃貸住宅計画を進められるように、サポートします。


利用料について

1. 賃貸住宅基本計画サポート
210,000円
2. 賃貸住宅実施計画サポート
総プロジェクト予算金額の1%(ただし210,000円を最低金額とする)
(<プラン提案料><敷地調査費・地盤調査費用>などは別途とします)
3. 設計段階サポート
総プロジェクト予定金額の1%
(ただし、設計・監理委託契約予定金額が4200万円以下の場合は、 420,000円
*設計については、建築家と直接に、設計・監理委託契約を締結することになりますが、建築家には、本サポートにより業務負荷が減ることに鑑みて、設計・監理料を相当額減額してもらいます。
*インテリアコーディネートを必要とする場合には、別途料金をいただきます。
4. 工事段階サポート
総プロジェクト予定金額の1%
(ただし、工事契約予定金額が4200万円以下の場合は、 420,000円
工事については、工務店と直接に、工事請負契約を締結することとなりますが、工務店には、本サポートにより業務負荷が減ることに鑑みて、設計・監理料を相当額減額してもらいます。
「顔合わせ会」のための費用は別途とします。
家づくりサポート 「家づくりサポート」とは 土地の選定サポート&購入仲介 建築家との家づくりサポート ハウスビルダーとの家づくりサポート 賃貸住宅事業コンサルティング 住宅メーカーの建主検査サポート