• TOP >
  • 家づくりサポート >
  • 住宅メーカーの建主検査サポート

住宅メーカーの建主検査サポート

欠陥住宅にならない家を
住宅の設計施工を、工務店やハウスメーカーに発注する場合、建築に関するすべてを1つの建設会社に託すことになります。ところが、建築知識の乏しい建主は、その会社の言うことが絶対的な真実だと信じてしまい判断を誤りがちです。また、なんらかのトラブルが発生した場合には、建主は、建設会社に対してとても弱い立場に陥ってしまいます。
本プログラムでは、そうした状況を避けるために、第三者的な専門家が建主の立場に立ってアドバイスを行い、また、トラブルが発生した場合には、建主を全面的にバックアップいたします。


家づくりには、多くのリスクがある

設計および工事を1社に発注する家づくりの方法においては、下記のようなリスクが存在します。

  1. 建主が建設会社の偏った見解を鵜呑みにしてしまうことにより、最善の選択をできない。
  2. 建主が、設計内容について正確に理解していないままに建築が進んでしまう。
  3. 設計や工事にミスが発生しているのに、建主がそれを知らされない。
  4. 設計や工事が不適切であることを、そもそも建設会社の社員自体が認識していない。
  5. 建設会社が倒産するなど、不測の事態が発生する。

このような事態が発生しないようにするための対策を、あらかじめ講じておくことが大切です。


サポート内容

本サポートプログラムでは、下記の8項目を行うことにより、建主をサポートします。

  1. 契約書の内容チェックと問題点の指摘
  2. 設計図書の内容チェックと問題点の指摘
  3. 建設会社の工事体制や保証制度の確認と要求すべき事項の整理
  4. 建築現場の注意点と工事のチェックポイントについての、建主への事前レクチャー
  5. 工事中の建主検査の立ち会いまたは代行(工事中3回を標準とする。)
  6. 建設会社から提出してもらう工事写真のチェック(指定する50枚程度の写真チェック)
  7. 建主による工事完了確認検査の立ち会い
  8. 万一のトラブル発生時の建主側の主張の整理

サポート利用料について

工事契約予定金額が4200万円以下の場合
420,000円
工事契約予定金額が4200万円以上の場合
工事請負契約予定金額の1%相当額。

リフォームの方のために

リフォームにおける検査サポートは、上記に準じます。少額リフォームの場合には、業務内容を減らすことにより、減額いたします。個別にご相談ください。

注記

*上記の利用料金は、建設地が、横浜市、川崎市、東京都、さいたま市の最寄駅から15分以内の場所を前提とした金額です。それ以外の地域につきましては、割増料金対応となる場合がありえます。

*想定外の業務を求められた場合には、あらかじめ見積書を提示したうえで、別途料金となる場合があります。

*利用料につきましては、原則として、工事着工時に半額、建物完成時に残額をお支払いいただきます。

家づくりサポート 「家づくりサポート」とは 土地の選定サポート&購入仲介 建築家との家づくりサポート ハウスビルダーとの家づくりサポート 賃貸住宅事業コンサルティング 住宅メーカーの建主検査サポート